COMPANY
&PROFILE

会社概要

◆会 社 名 AURA ARCHITECTS株式会社 (企業フリガナ名:アウラアーキテクツ株式会社)
◆資 本 金 5,000万円
◆拠点オフィス
(東京Office)   東京都中央区銀座5丁目 6-12 Tel 03-5931-7962/Fax 03-5931-7963
(北海道Office)札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3番6号 Tel 011-891-8404/Fax 011-891-2538
◆関 連 施 設
Rafaye 10階建 延床 約1,600㎡、LAY:LA 11階建 延床 約3,000㎡
◆設計事務所登録 一級建築士事務所(東京/北海道)

 

【事業内容】

◆事業展開エリア:日本全国および海外
◆建築&都市の環境に関するコンサルティング企画・設計デザイン・監理業務
◆建築の超省エネルギー化に関するZEH化、ZEB化、パッシブデザイン化に関する設計コンサルティング&シミュレーション・デザイン業務
◆事業継承・相続に関する不動産利活用の総合不動産コンサルティング設計業務
◆CM(Construction Management)、PM(Project Management)受託業務
◆現代美術文化に関するコンサルティング、アートマネジメント及びまちづくり系業務
◆建築芸術文化に関する各種コンサルティング及びマネジメント業務

 

【業務分野】

◆他にはあまりみられない、かなり特徴的かつ統合的な3分野
・地域環境や経済の魅力を醸成し、安心安全な不動産資産向上を目指したコンサルティング支援
・21世紀の素敵な未来を展望する超省エネ環境建築の企画設計監理のコンサルティング&デザイン設計
・新たな再生と地域のサスティナブルな豊かさを求めて、芸術文化によるまちづくりの支援活動

 


 

代表略歴および主な活動歴


◆略歴/札幌生まれ。
北海道大学(院)卒業(建築計画学専攻) 工学修士。1級建築士。
公認 不動産コンサルティングマスター資格者。
不動産エバリュエーション専門士。
トマムリゾート設計にて北海道庁赤レンガ建築賞、日本建設業連合会BCS賞受賞(スタッフ担当)
1995年 札幌 青年会議所ヘルシンキJC賞。
1999年 文化庁指定 国際芸術交流事業S-AIR立上げ、事務総長、代表歴任。現在は後任に譲り、会長で作家選考委員としても活躍中。

札幌芸術の森工芸館、北海道近代美術館に空間インスタレーション作品展示。
SーAIRの10年間の活動を経て、国際交流基金から地球市民賞受賞(共同受賞)

*国土交通省 公認 不動産コンサルティングマスター資格者へのご依頼の概略説明:
~詳しくはAURA ARCHITECTS株式会社に、お問合せください~
https://www.retpc.jp/wp-content/uploads/2019/07/poster_consul_190731.pdf

 


 

◆海外活動歴/AURA ARCHITECTS株式会社
北海道の建築文化を伝えるために冬の風景の自作を2008年国際建築家連盟UIAトリノ世界大会、旧サヴォイア王宮、2010年UIA関連事業バルセロナで建築設計作品発表。
また、モンゴルのギネス認定世界一の極寒首都ウランバートル市にて、冬の極寒大気汚染解決の超省エネ住居提案をし、市長から感謝状。

◆国内活動歴/AURA ARCHITECTS株式会社
日本の現代建築Vol3,Vol4,Vol5にて建築家 山本謙一の建築作品が掲載され、全国の主な美術館、図書館に収蔵されている。
平成19年度に北海道庁からPPP的プロポーザルコンペにて最優秀賞を獲得し、高層15階建延床約9,000㎡の事業設計提案実現。

 

 

 

◆事業企画設計デザインの実践:
高層アーティステックマンションを豊富に企画設計しており、事業収支のコスト・コントロール力を得意としている。

◆熱損失係数Q値0.7~0.5の超省エネ低炭素建築の実践:
ここ10年はコストの抑制が効いた超省エネルギー系の設計を得意としており、民放の特集でも設計作品、MUDANRAY Simple-Xが放映されたことがある。
また、passive建築としての超省エネルギーにおいて、北海道サッカー協会からのプロポーザルにて、北海道トレーニングセンターでの最優秀賞を受賞し作品化した。
2019年に環境省初で全国26事業の中、高層ZEHーM事業認定を受けた弊社設計のエクスクルーシブな高層アーティステック・マンション、Eco環境建築B/G/V新築工事の事業企画設計にて、壁窓天井トータルな断熱性能を示すUA値において 弊社が高層ZEHーMの認定事業中、日本一の断熱の省エネ性能評価を得る。

◆芸術文化活動歴を活かした施設の実践:
上述のように長年、芸術文化系専門活動に精通しているため、民間美術館・ギャラリーを複数設計した実績がある。

◆豪雪地 歴史的建造物の文化財級の耐震断熱改修実績:
多雪地域の寺院建築にて100年以上の古建築を震度7に耐抜く数値解析で構造計算した、難易度ある文化財級のハイブリッド免震・制震・耐震設計して断熱補強し、併せて意匠荘厳化設計をも行う貴重な実績あり。

公的コミュニティ施設(道内初の超省エネ建築の実践)については、2015年度に複数の設計事務所が設計上、工事費コストコントロールで挫折し、小樽の町内会の発注者が悩んでいた建築計画に関して、公的な多世代・高齢者対応の複合コミュニティホール施設の設計としてAURA ARCHITECTS会社の設計ではハイブリッド構造に置換え、小樽市初の超省エネ・パッシブ建築を実現させました。
市長を交え、これからのモデル規範性の高いモデル設計との内容書面で感謝状を頂くことに。

*この様な事から北海道大学の地域計画学、建築計画学、歴史建築学、環境工学の名誉教授始め准教授、教授等との人的交流があり連携計画事業が可能。


お問い合わせ

★